絶対に知っておきたい!マナーが問われる顔合わせ時の服装特集

プロポーズから婚約をし、ふたりの新たな門出となる結婚式にむけて準備中のふたりに必ずやってくるであろう両家の顔合わせ。
結婚は交際とは違って両家が親戚となるから、事前にしっかりとお互いの親族を紹介しておきたいものです。

正装は必須まではわかっていても、顔合わせにふさわしい正式な服装までは意外とわからない人が多いのではないでしょうか。
今回はマナーや常識が問われる顔合わせの時の服装についてご紹介します。正しい服装で、相手の両親に失礼のないようにしてくださいね。

顔合わせと結納の違いってなに?

世間では結納と顔合わせは近しいものとして扱われがち。でも、実際には全く異なるものです。
では、どこがどう違うのでしょうか?

顔合わせとは、両家への挨拶が終わり、ふたりが両親を引き合わせる親睦会のようなもの。両家の初顔合わせであることから「顔合わせ」という呼び方をされています。
一方、結納は顔合わせの後に正式な儀式として改めて執り行われる儀式のこと。「大切に育ててくださった娘さんを嫁にとらせていただきます」という感謝の意味が込められています。

結納

「ゆいのもの」と呼ばれる結納とは、婚約を正式なものとするための、古来から続く日本の伝統的な儀式のことです。歴史は古く、約1500年ほど前から行われていると言われています。伝統を大切にする日本だからこその、必要不可欠な儀式なんです。

結納の始まり

これまでは別々だった2つの家が、新しく婚姻関係を結ぶために、男性側の家族が酒肴などを女性の自宅へ持っていき、女性側の家族は男性側を豪勢な料理を出してもてなしたのが始まりだと言われています。このお酒や肴が、次第に花嫁の衣裳や装身具に取って替わり、伝統的な結納品は形式的な添え物のようになったり、簡略化されたりするようになりました。

現代の結納

昔は食物を中心に行っていた結納ですが、時代の流れとともに徐々に形も変わっていきます。お酒や肴が、次第に花嫁の衣裳などに替わり、縁起が良いものを模して造られた「結納品」と呼ばれる簡略的な商品まで誕生しました。昔は新婦の自宅で行っていた結納も、今では歴史ある神社などで行われるのがほとんどです。ただし、結納のしきたりや手順、結納品は地域や家によってさまざま。

結納金

結納では両家の間で「結納品」や「結納金」などの金品を取り交わします。結納金の金額も地域や各家庭によってさまざまですが、男性側から女性側へある程度まとまった金額を納めます。それと合わせて結納品を納めることで、より縁起を良くするという意味合いが込められています。

顔合わせ

続いて顔合わせについて、みていきましょう。顔合わせは、正式には「顔合わせ食事会」と呼ばれます。顔合わせ食事会はその名の通り、両家の初対面と、親睦を深めるために食事会行います。比較的最近になって生まれた形式で、結納のような堅苦しさを取っ払い、楽しい食事を通して、より両家の親睦を深めようというものです。結納とは違い儀式ではないので、決まりや、必要なものは特にありません。

食事会の流れ

堅苦しさが無いからと言って、顔合わせ食事会も両家が顔を合わせる大切な時間。ラフすぎるのも問題です。各家庭にもよりますが、基本的な当日の流れとしては、はじまりの挨拶から両家の紹介、記念撮影、会食と歓談、結びの挨拶とお礼といったものが一般的です。当日どのように行うかは両家でしっかりと話し合って決めることが大切です。

食事会の会場

顔合わせ食事会の場所は、ホテルやレストランの個室、懐石料亭など、少し格の高い場所で行うのが主流です。当日は両家が集合するので、ご両親はもちろん、祖父母なども同席する場合も。ふたりで両家親族の好き嫌いやアレルギーなどを事前に確認し、一番ベストなお店を選ぶようにしてくださいね。また、最近では顔合わせ食事会を中心としたお店や、メニューをそろえているお店も増えてきました。そういうお店であれば、ある程度のことを任せることが出来ますし、安心です。顔合わせ食事会の目的は、あくまでも両家の顔合わせと親睦を深めること。おいしい料理と楽しい空間で、ぜひ両家の絆を結んでくださいね。

結納の要素を取り入れる場合も

顔合わせ食事会には、先述のとおり結納とは違って、これといったしきたりや決まりがありません。しかし結婚適齢期となる20代後半~30代のふたりの両親や祖父母となると、自分が結婚式を挙げるときには結納を行った方も少なくないはず。現代の顔合わせ食事会という形式に少々戸惑ってしまう親族もいるはず。そういうときは、事前に両親や親族にも顔合わせ食事会を行う旨を相談の上、当日の支払いは折半なのか、どちらかが払うのか、結納金や結納品まではいかなくても、何かしらの記念品を用意するのかなどを決めても良いかもしれません。

顔合わせにむけて準備を始めよう

顔合わせ食事会は結納のように特に決まりごとはありませんが、親族の顔合わせである以上、ある程度の流れや用意するものがあります。今回は最近では主流になりつつある顔合わせ食事会の準備についてご紹介します。是非参考にしてください。

イメージを固めよう

ここがかなり重要です。ふたりで話し合って決めるイメージによって、結納の要素を盛り込むのか、食事会のみで進めるのかなど、当日の内容が大きく変わってきます。記念品や結納金は用意するのか、存続は家族を含めてどこまでを招待するかなど、ある程度のイメージをはじめのうちに固めましょう。

場所を決めよう

当日のイメージが固まったら、次は場所を決めていきましょう。基本的にはお互いの両親が住む地域の間にあるお店を選ぶケースが多く見受けられます。お互いの地元が離れている場合には、男性側が女性側に出向くようにしましょう。会場の形式としては、先述のとおり、料亭やレストランの個室が一般的です。が、決まりはありませんので、両家が希望する食事会の雰囲気によって選ぶのがおすすめです。

日取りを決めよう

顔合わせの食事会は、結婚式当日から「約6か月前」頃に行うのが一般的です。顔合わせ食事会は結婚式と同じくらい大切な日。大安や友引などの良いお日柄を選ぶのもいいですね。そうなるとある程度予約が重なってしまい、希望の日に取れなかった・・・なんてこともあります。後でバタバタしないよう、日が決まったら早めの予約をおすすめします。

費用について相談しよう

当日の費用についても、事前にしっかりと打ち合わせをしておきましょう。食事代については、親を招待するという形で、本人ふたりが費用を負担するケースが増えているそう。
場所によっては料理の他にも、個室使用料などが発生する場合もあるから、事前確認を忘れずに。

チェックポイント

結婚をするふたりはもちろん、親族側のお酒の飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。 また、名前の間違いや不快でマイナスな話はご法度です。せっかくの楽しい顔合わせが台無しにならないように、事前の入念な準備、連絡、確認をしっかりと行ってください。

顔合わせ当日の正しい服装は?

結納と顔合わせの違いを確認したところで、本題となる顔合わせ食事会での服装をみていきましょう。新郎新婦はもちろん、家族や兄弟まで、立場別にご紹介していきます。
それぞれの関係性や立場によって、ふさわしい服装があります。当日、恥をかかないための正しいマナーと服装をしっかり確認して、ハレの日を迎えましょう。

男性=スーツ、女性=ワンピースが基本

まずは顔合わせ食事会の主役となる、新郎新婦の服装をご紹介していきます。簡単そうですが、「顔合わせ食事会」となると、若干悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

【新郎】

新郎はブラックスーツか、紺色など濃い色で無地のダークスーツでパリッとかっこよく決めるのが一般的です。白や薄い色のシャツに、派手すぎないネクタイを合わせるなど、全体的に暗くなく、且つ派手すぎないシンプルな装いにするのが正しい服装です。
当たり前ですが、シャツやスーツのシワに気をつけること、革靴も前もってキレイに磨いておきましょう。両家の初の顔合わせとなる当日、主役となる新郎新婦に求められるのは、見た目でわかる爽やかな清潔感です。懐石料理店や料亭などでは、敷居があり靴を脱ぐことも考えられますので、見えていない靴下まで、しっかりと確認しておきましょう。

服装の「レベル」を揃える

海外でもドレスコードがあるように、日本の衣装にもそれぞれの場所や格式にふさわしいレベルがあります。昔ながらの袴などは格が高く見られますし、普段着と比べると一目瞭然ですよね。

両家が集まって親睦を深める「顔合わせ食事会」では、家族間はもちろん、両家でもある程度衣装のレベルを合わせることが重要となります。
例えば、新郎側がカジュアルなスーツ姿や格好、新婦側は全員着物などを着用・・・となると、新婦側がきっちりしすぎて見えるため、どうしても男性側の格や品が低く見えてしまいます。

服装は当日着ていくもののため、会場に行ってしまえば途中での替えがききません。こんなことにならないために、ふたりだけでなく、両親や親族も服装のレベルをどれくらいにするかを事前に話し合っておくことが大切になります。
当人同士が前もって互いの両親と相談して、どのような服装にするのか、両家でしっかりと決めておきましょう。

【新婦】

新郎がスーツであれば、女性は上品なワンピースやスーツが一般的です。結納ほど固くない顔合わせ食事会とはいえ、正式に両家が顔を合わせる場。スカートの丈はひざ丈かひざ下丈を選ぶなど、露出の少ないデザインを選ぶと清楚なイメージになるからおすすめです。スーツを選ぶ場合も柔らかくて明るい色をチョイスしてください。また、女性である新婦なら、和装を着てもちょうどよく固くなりすぎないかもしれません。和装では、着用しやすい訪問着や紋付、留袖などを選ぶようにしましょう。

和装といえば、振袖はOK?

振袖って、未婚の人しか着られないっていうし・・・結婚前に、最後にもう一度着てみたいな・・・そんな風に思う人もいるかもしれません。大丈夫、結論から言うと、振袖はOK。実際に、顔合わせ食事会で振袖を着る新婦も、最近は多くなっており、両家で服装のレベルさえ合わせれば、以前に比べ種類の幅は広がっています。
振袖を着て行ったら、場が華やかになりますし、相手の両親はきっと喜んでくれるでしょう。一点気をつけたいのは、振袖は訪問着や紋付、留袖に比べて格の高い衣装であるということです。一人だけかっちりしすぎて浮いちゃう・・・なんてことにならないよう注意してください。振袖を着たい場合は、念のため前もって相手の家に伝え、了承を得ておくと安心です。

両親、兄弟、親戚の服装

次は新郎新婦以外の家族や親戚の服装をみていきましょう。顔合わせ食事会の目的は婚約をしたふたりの両家の顔合わせ、親睦を深めることが目的ですが、当日の主役はなんといってもふたり。家族や兄弟、親戚などふたり以外の参加者は、ふたりより格上の服装や、派手な服装にならないように気をつけることが大前提です。

【父親】

ふたりの両親は基本的に服装を同じレベルにそろえるのが基本です。結婚する新郎に合わせて、ブラックスーツかダークスーツが一般的。ネクタイは結婚式のときと同じく、白やシルバーのものが良いでしょう。結婚する新郎が和装をどうしても着用したいという場合、和装で揃えても素敵です。その場合は、先述のとおり両家で服装のレベルを合わせるようにしましょう。

【母親】

結婚する女性に合わせて、大人らしい落ち着いた上品なワンピースやスーツが一般的です。新郎同様、もし新婦が振袖など着物を着る場合は、合わせて和装でも華やかでキレイですね。

【兄弟・親族】

大人はふたりに合わせた服装で、かつふたりと同等か、少し控えめな色味のものを選びましょう。兄弟姉妹は、学生なら学校の制服が正装となります。

会場によって服装は合わせるべき?

今回、ご紹介した立場別の服装は、あくまでも「一般的な基本」です。結納と比べ制限のない顔合わせ食事会での服装には特別定められたルールはありませんので、両家での納得度がある程度の指標となります。スーツなどは着ずにラフな普段着でいこう!という両家もいれば、歴史ある家だから両家ともに和装で・・・とさまざまです。ただ、会場にもレベルがあるため、そこは出来る限り合わせる方が良いかもしれません。両家の服装が揃っていても、会場の雰囲気と合わない服装だと、かえって違和感が出てしまうかも。

最後に

いかがでしたか?今回は結納と顔合わせ食事会が何かをしっかり理解したうえで、顔合わせ食事会の服装についてご紹介しました。決まりが無い顔合わせ食事会だからこそ、バラバラにならないよう事前に両家でしっかりと話し合うことが重要です。この記事を参考に、正しいマナーで当日を迎えて両家の親睦をより深いものにしてくださいね。

WELLS WEDDING & RESORT CORPORATE SITE